MEC OCEAN MODEL の特徴

静水圧モデルとFull-3Dの比較

  • 広域の環境計算が可能である。
  • 広域のメッシュにおいて指定した一部は、フル3次元解析を行う。
  • 両者を連立して解く。

  • 現在想定している内湾での水質改善装置の数値シミュレーションでは、広域での最大メッシュは1km、フル3次元では1m程度のメッシュを考えているので、大メッシュから小メッシュへのズーミングの方法を考える必要がある。そこで、ズーミング手法としては当面、以下の2つの方法を試みることとした。
    1) 広域のメッシュを不等間隔とし、フル3次元メッシュに接合する。
    2) 多段階のネスティング手法を用いてFull 3Dメッシュに接合する。

    また、このような種類の計算については、メインの計算に入る前に地形情報を取り込み、計算メッシュを作っておくことが不可欠である。このような作業を手作業でやることは非効率であるので、大まかな地形データを与えて、それから補間・内挿して計算メッシュを自動的に生成するために
    3)プリ処理プログラムの開発
    も行うことにした。

    さらには、計算結果の可視化も不可欠であるので、手始めとしてはTECPLOT(可視化ソフト)を対象として
    4)ポスト処理用のフィルターの整備
    も行うことを決めたが、今後、さらにAVSなど他の可視化ソフトへの対応も継続する。